ブログトップ

日々を、紡ぐ

雨音。
半袖では少し肌寒い。
開けた窓から入る、秋の夜風。


国立での研修中、血便が出た。
再燃、だろうか・・・。
ここ数日、体がひどく疲れやすかった。


潰瘍性大腸炎の発症から1年。

あれから。

病気は、僕が
「なんとなく生きる」ことを決して許さなかった。

痛み。そして、
いつどうなるかわからない自分の状態に対する心の揺れ。

「死ぬのであれば、この街で死にたい」


そう思って、自分の生まれたこの街に帰ってきた。
それからの日々。
その一瞬一瞬のなんと眩しく、重く、苦しく、そして美しかったことか。



子どもだった頃に見た、
光の記憶。風に揺れる緑。花々。
雨上がりの空にかかった虹。
そしてそこにはいつも、家族がいた。

ただ生きているだけで幸福だった。
自分はいてもいいんだと思えた。
それは、どんな苦しみや辛さも乗り越えられるほどの、生きようとする力。




「ハワイに行ってみたいねえ」

先日一緒に食事をしていたときに、母が言った。

お母さん。
僕、英語の勉強を始めました。

こんな体の状態で、1日にできることが本当に限られていて、
本当に悔しくて仕方ないですが。

でもさ。
今ほど真剣に生きたいと思ったことないです。
病気したからなんです。
病気のおかげなんですよ。
きっと。

一年後。
通訳なしで、あなたとハワイを旅行したいです。

インドの子供達だって、路上でみんな英語の勉強してた。
あれを思えば、僕だって負けてらんないわね。


遥か先の景色。

どんな苦しみと、幸福が待っているのか。




d0355702_21084620.jpg










[PR]
# by january_4stars | 2017-09-22 21:10 | Comments(0)

空を見上げて

金色の夕空。
東の空には、虹が・・・。

思わず道ですれ違う人に

「虹ですね!」

と声をかける。

心までも晴れやかになるような瞬間。
神様が見せてくれる、世界の美しさ。




夜中に目が覚めた。
時計は午前三時を指していた。
外に出た。
街灯に照らされた、真夜中の街。

下弦の月のそばに、オリオン座。

冬の星座が、もう出ているんだ・・・。

空を見上げて。

自分の命の儚さを思う。

でも。
今、確かに僕はここにいる。

どんなに小さくても、ここにいる。
d0355702_22111715.jpg






[PR]
# by january_4stars | 2017-09-13 22:11 | 日々のこと | Comments(0)

風の記憶

「運動会の頃の風だ」

バイクで街を走りながら、そう思った。

子供時代の記憶。体が覚えている、秋の空気。




あるテレビ番組で、きょう9月1日は
中高生の自死が最も多い日だと伝えていた。

つらく、悲しい事実だと思う。

子どもにとっては、学校と家が世界の全てだ。

その世界から否定されるということが、いったいどんな気持ちか。
それは、経験した人間でなければ決してわからないと思う。

「逃げろよ」

君が生きるために、君を否定する世界から、逃げ出してしまえ。

そんな世界にいる必要はない。

そりゃさ、いろいろ苦労も多いと思う。

でもさ、生きるってことは、案外捨てたもんじゃないぜ。

今を生きている君は、苦しさの中にいるかも知れない。

でも、おとなになると、わかるんだ。

もっと広い世界があるということが。

君の中にある素晴らしさが、いつか君の周りにいる誰かを幸せにできるかもしれない。

そうなったら、最高じゃないか。

泣いてもいい。
傷ついてもいい。
憎んだっていい。
怒ってもいい。
絶望したって、いい。

それもまた、君が「生きている」証なのだから。


d0355702_21165568.jpeg




[PR]
# by january_4stars | 2017-09-01 21:17 | 日々のこと | Comments(0)

いつのまにか

夜、家の窓を開けると、
秋の虫の声が聞こえてくる。

いつのまにか、季節は変わりつつある。

長く、つらく、苦しみに満ちていた夏。

なのに、こんなにたくさんの幸せや喜びがあって。

こんなにたくさん、誰かと一緒に笑った夏が、今まであっただろうか。

ずっとひとりで生きているような気でいた僕に。
まるで、神様からの贈り物のよう。

「早めに言ってくれれば、来年の休みは2週間くらい取ってもいいし」

帰りに、職場の上司がそう言ってくれた。

・・・来年?

僕に、来年なんてあるのでしょうか?

来年まで、生きているかわかんないですよ。

明日があるかどうかさえ。

1日1日の重さに耐えられなくなるときだってあるというのに。

・・・でも。

もし、また旅に出られるのなら。

長年の宿願であった、イタリアとフランスへの旅を実現させたい。

フランスの美しい村を巡って。

イタリアで、ミケランジェロ作「ロンダニー二のピエタ」を観たい。

お金、貯めなくちゃ。
体を少しでも良い状態にしなくちゃ。
イタリア語とフランス語を勉強したい。
いや、せっかく英検2級まで頑張ったんだから、英語を磨き上げたい。
インドでは英会話は散々だったけど、でもけっこう頑張れた。

ああ、やりたいことが、たくさん、ある。
観たい景色も。

それは、なんて幸せなことなんだろう。






もう僕は、



馬鹿でもカッコ悪くても、誰かに笑われても、醜くても、もうなんでもいいです。

とにかく、生きろ。

雄よ。
d0355702_21323108.jpeg






[PR]
# by january_4stars | 2017-08-29 21:33 | 日々のこと | Comments(0)

訴える力

その声を聴いた瞬間、頭の中が真空状態になった。

そして、一気に引き込まれた。

なんと力強く、優しく、そして美しい歌声。

熊本駅前で聴いた、飛鷹大輔さんのステージ。

「こうして歌っていると、20年前、路上で歌っていた頃を思い出します」

熊本の復興支援のため、東京から故郷熊本に戻られたという。


「有名だからすごい」
「売れているからすごい」
「大きいからすごい」

そうではないのだ。

大切なのは、その表現に
「訴える力」があるかどうかなのだ。

飛鷹大輔さんの声には、その力があった。

飛鷹さま。
あなたの音楽は、震災で傷ついた人たちにとって、
必ず大きな支えになります。

どうか、ご活躍をお祈りいたします。

素晴らしい歌を、ありがとうございました。
d0355702_20275586.jpg








[PR]
# by january_4stars | 2017-08-27 20:28 | 旅のはなし | Comments(0)

日々思うこと、感じること