ブログトップ | ログイン

日々を紡ぐ

2024.2.17




2024.2.17_d0355702_22492216.jpeg






2024.2.17_d0355702_22492197.jpeg



2024.2.17_d0355702_22491960.jpeg


2024.2.17_d0355702_22491878.jpeg




2024.2.17_d0355702_22491612.jpeg




2024.2.17_d0355702_22491594.jpeg
2024.2.17_d0355702_22491443.jpeg

2024.2.17_d0355702_22491233.jpeg

2024.2.17_d0355702_22491199.jpeg
2024.2.17_d0355702_22532375.jpeg

2024.2.17_d0355702_22532262.jpeg
2024.2.17_d0355702_22532169.jpeg
2024.2.17_d0355702_22531937.jpeg

2024.2.17_d0355702_22531562.jpeg



# by january_4stars | 2024-02-17 22:55 | Comments(0)

2024.2.13 














「寂しいっすよお・・・」


仕事を終え、


地下のロッカールームに向かう途中、


Tと一緒になった。


僕より2つ3つ若いTと僕は、

かつて

同じ班で一緒に働いていた。


甘ったれで、

それでいて

周りともうまく関わることができ、

とりわけ

仕事の要領と段取りの良さでは

Tは群を抜いていて、

誰よりも早く配達に出て、

誰よりも

早く仕事を終えた。







当時の僕は

そんなTのことを

許せない気持ちでいて、

Tに対して

「当たりが強い」


本人からも

周りからも見られていた。





あの頃の僕は、

周りに助けを求めることを知らず、

何でもひとりで抱え込み、

苦しむことが偉いと思っていた。



今思えば

ほんとうに

恥ずかしい話だ。



そんな僕の目には

Tのことが

「サボっているくせに上手くやれてる奴」

と写った。

要するに

僕は、

Tに嫉妬していたのだ。










2024.2.13 _d0355702_18051657.jpeg





一ヶ月前。

Tの嫁さんが

子宮がんで亡くなった、


人づてに聞いた。





僕は

ものすごいショックを受けた。



僕にとってTは、

僕が欲しくて欲しくて

たまらなかったものを

みんな

持っているように見える、

そんな存在だった。



失って

寂しい、悲しい。

そんな人がいたんだから

良かったじゃないか。

僕のように

何も持たず、

何とも繋がらないような人間からしたら、


Tよ、

お前は

幸せではないか。


もちろん、

そんなこと

言えるはずもない。

言うべきでは、ない。


僕のように

自分を大切にできず、

人と切り結ぶ勇気も持てなかった人間に、

Tに伝える言葉は、

何もない・・・。





2024.2.13 _d0355702_18051676.jpeg










「考えても仕方ない、

考えても

悲しくなるから・・・」


帰り際、

僕のところに来て、

Tは言った。








Tよ。

かつて僕は、

お前に対して、

ずいぶん

きつく当たった。

全て、

僕の未熟さゆえだった。

本当に

すまなかった。

なのに、

こうして

僕のところに

話をしに来てくれた。


ありがとう、と

こころから思っている。


Tには

今年、

小学校に上がる


娘さんがいる。


Tも、

娘さんも、


つらいな・・・。



愛する人を失う

悲しみも寂しさも、

僕は

本当には理解できていない。



けど

Tよ。

きれいごとでなく、

お前と

娘さんの幸福を、

祈っている。



2024.2.13 _d0355702_18093030.jpeg






# by january_4stars | 2024-02-12 18:19 | Comments(0)

2024.2.11








「うん、

すこしは

マシになったんじゃない・・・?」









いつかまた、

どこかで出会ったとき、


せめて


そんなふうに言ってもらえる


自分でいたい、


と。



そう


思わせてくれる人が、


僕には


たくさんいる。



それは


決して、


悪いことではない



思う。



2024.2.11_d0355702_17231316.jpeg


2024.2.11_d0355702_17231294.jpeg
2024.2.11_d0355702_17231136.jpeg
2024.2.11_d0355702_17231021.jpeg
2024.2.11_d0355702_17230835.jpeg



# by january_4stars | 2024-02-11 17:27 | Comments(0)

1.17











きょうは、


姉の誕生日。


そして


・・・。














「ともに」



寄り添う気持ちと、


記憶の継承。







いつ

僕は、


「被災者」


なるのだろうか。





そして


「被災者」




そうでない人たち


に分かれた


世界の中で、



外から


「頑張れ」

「祈っています」


という言葉をもらって、


どんな気持ちになるのだろうか。


嬉しいだろうか。


「被災者でない人間に

何がわかる」


こころを閉ざすのだろうか。








ご飯を食べる。

お風呂に入る。

ふとんの温もりに包まれて、

ねむる。

くだらないことで、

誰かと笑いあう。

仕事に出かける。

花を、

きれいだと思える。




そんなときに、

寒さのなかで

懸命に耐える人たちのことを、

思う。




1.17_d0355702_19421782.jpeg



1.17_d0355702_19421840.jpeg






# by january_4stars | 2024-01-17 19:42 | Comments(0)

寒椿






寒椿_d0355702_18220448.jpeg











雪の舞うほどに寒かった


きのうとは打って変わって


きょうは

快晴。


親子の遊ぶ声、

散歩するひとたち。


風は冷たいけど、

背中に当たるひかりは

あたたかかった。






寒椿_d0355702_18220497.jpeg



寒椿_d0355702_18220412.jpeg













# by january_4stars | 2024-01-14 18:50 | Comments(0)

日々思うこと 感じること